痩せたいけど、なかなか痩せられない。

テレビや雑誌で気になるダイエットの特集を見てやってみても続かない。そんな人は多いと思います。

私も正直、できません。

テレビや雑誌で紹介されるダイエット方法を試すには、普段通りの生活ができない状況になるパターンが読めるので、ストレスが溜まるからです。

ストレスを溜めずにどう痩せるのかと考えたら、運動と食事の管理に行きつきます。
実は、この当たり前をちょっと丁寧にするだけで、体は変わっていくので試してみましょう。

「散歩」を運動と考えてみませんか。

運動しなければ、と考えると身構えてしまう人もいるかもしれません。
でもその運動が「散歩」でいいならどうでしょうか。

よく「一駅分歩く」と言いますが、これだと結構早歩きをイメージします。

そうではなく、わざわざ一駅と決めずに歩けるだけ歩く。ただ、「散歩」なのでゆっくり歩くことが大切です。
ゆっくり歩くには時間の余裕が必要なので、仕事のある日は難しいと思います。
だから、休日だけでいいのです。

みなさん、おしゃれチェックに街へ出たとき、とことん歩き倒しませんか。
それを考えれば、みなさん絶対に長距離を歩けるはずなのです。

普段履いているパンプスではなく、歩きやすいスニーカーを選んで、お気に入りのカフェまで歩くというような目的を作って歩くと辛さはほとんど感じません。
目的地で美味しいカフェご飯が待っているわけですから。

目的地の美味しいカフェに着いたらカフェご飯を楽しむ。

せっかく「散歩」してカロリーを消費したのに食べていいの?と思う人もいるでしょう。
食べて大丈夫です。

「散歩」で疲れた体は、糖分も塩分も欲していますので、ちゃんと補給してあげましょう。
今どきのカフェご飯は野菜中心に考えられており、バランスも良いのが特徴です。
考えてみて下さい。

定食屋さんでかつ丼だけ食べるのと、いつものカフェご飯。どちらがバランスの良い食事でしょうか。
考えずとも一目瞭然ですね。

1週間のうちのどこかで、体の内側をリセットできるような丁寧な食事をすることを考えると、カフェご飯を利用しない手はありません。
ランチを狙えば手頃な価格でバランスの良いご飯を食べることができるので、「散歩」の疲れを癒しながら、しっかり噛んでゆっくり食事を楽しみましょう。

ここで重要なのが、せっかく歩いて体を内側、外側からリセットしたのですから、この日はジャンクな食べ物を避けましょう。
家に帰ってからスナック類を食べてしまうくらいなら、カフェでケーキを食べた方がいいです。

帰りも「散歩」なのでもちろん歩きますから、カフェで食べた分はまたちゃんと消費されます。
家に帰った後が重要なので、きれいになるんだ!という意識を忘れないように過ごしましょう。

繰り返して行くうちに、自分の体が変わっていくのを実感できます。
そうなると、自分からジャンクなものを遠ざけるようになります。

改善はゆっくりでいいので、マイペースを掴みながら「散歩」で運動して新陳代謝を高め、カフェご飯で体をリセット。内側からきれいになることを意識してみましょう。