思春期ニキビと大人ニキビってしっかり分類されていますよね?この二つのニキビの違いは何なのでしょう。自分が現在どちらのニキビなのか分類したいときにご活用ください。

思春期ニキビと大人ニキビの違いはできる時期

まず決定的な違いはできる時期です。思春期ニキビは10代~20代の頃の期間限定でできるニキビであり、これは一生続くものではありません。それに比べて大人ニキビは成熟した大人になってできるニキビです。できる時期によっておおよそニキビに違いがあるので、ニキビができたときの年齢で簡単に見極めましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違いは原因

思春期ニキビは皮脂分泌が原因で起こります。思春期はホルモンバランスが乱れがちで、その影響で皮脂が増えるのです。この皮脂が原因でできるのが思春期ニキビです。酷いときには顔中敷きつめられるようにニキビができて可哀想なくらいの方もいます。思春期ニキビは期間限定でできる代わりに、かなりひどい症状を起こしやすいのです。

比べて大人ニキビの原因は生活習慣や食生活の乱れ、それに加齢のせいで起こるターンオーバーの乱れが原因です。皮脂が増えるというよりは怠惰な生活や加齢のせいで新陳代謝が悪くなったせいで、肌のターンオーバーがうまくできず、このせいで毛穴詰まりが起こるのです。思春期ニキビは皮脂のせいですが、大人ニキビは皮脂より別の原因があるところが二つのニキビの違いです。

思春期ニキビと大人ニキビの違いはできる場所

思春期ニキビはおでこや鼻など、いわゆるTゾーンにできやすいです。おでこや鼻に集中してニキビができるので、隠しやすい長所があります。ただ頬にもできやすいので、それは隠しきれませんね。それに比べて、大人ニキビができやすいのはあごや口周りなどのいわゆるUゾーン。思春期ニキビのときにはあまりできなかった場所にニキビができます。思春期ニキビと大人ニキビを区別したかったら、顔のどこの部分にニキビが集中しているのかに注目してもいいですね。