よく手には年齢があらわれる…といいますよね。
これ、本当だなと思います。

どんなにきれいにお化粧していても、ごつごつでガサガサな手だとがっかりですよね。
しかし一方で、手はケアの成果があらわれやすいパーツでもあります。

以前、ネイリストさんに聞いた話ですが、手ほど短時間でケアの効果があらわれやすい場所はないそうですよ。
実際、私も結婚式までの1週間、かなり意識的にケアしただけでキメが整い、褒められるような手になれました。
以来、私が実践しているのは以下のことです。

・日焼け厳禁
・夏でもハンドクリーム
・食器洗い&お風呂掃除には必ずハンドクリーム+ゴム手袋

夏は比較的のびのいいクリーム、冬はこっくりしたクリームと使い分けています。
いずれも、お気に入りの香りのものをチョイス。

クリームをつけるたび、仕事や家事の合間のリフレッシュにもなって一石二鳥ですよ。

日焼けは肌の老化を早めますから当然NG。

日焼け止めは必須ですが、手は頻繁に洗うパーツですのでこまめに塗りなおすようにしています。
そして、車を運転するときは必ずグローブを着用。

時々忘れてしまうので、ダッシュボードのなかにはひとつ常備しています。
むれるので、指先が出るタイプのものですけどね。

そして、もっともオススメしたいのが家事の際のゴム手袋。
ここで重要なのが、ハンドクリーム+ゴム手袋の合わせ技という点。
冬場は、どうしてもお湯を使う機会が増えます。

すると、洗剤とお湯のダブルパンチで、手肌はかなりのダメージを受けます。
しかも、それが毎日・数回となればダメージは相当なもの。
ですから、面倒でも必ず手袋を着用することをおすすめします。

今は100円ショップでもかわいいゴム手袋がたくさん売っていますから、お気に入りのものを見つけてテンションをあげるのもいいですよね。

私は、手袋着用前にこっくりとしたハンドクリームをたっぷり塗ります。
その状態で洗い物をすると、あら不思議!

スチーム効果で手がしっとりピカピカになるんです!
手袋を取る瞬間が楽しみになりますよ。

面倒な家事も、美容のための時間と思えば楽しくなりますしね。

顔と同じように、ともすれば顔以上に見られているかも知れない手。
毎日のケアできれいを保ちたいですよね。