美白と聞くと夏の日焼け後や夏の紫外線から守る。

と、夏のイメージを持っている方が多いと思います。しかし、美白ケアこそ冬の間からやっておく必要があるのです。また、冬は紫外線の量も減るのでそれに伴ってメラニンをつくるメラノサイトの働きも弱くなります。

そのため美白の効果も出やすく、ダメージを一掃するには最適な時期になります。冬のケアは夏とは少し違ってきます。夏は紫外線を気にしなければなりませんが、冬に気にすべきなのは乾燥です。

搬送した肌は肌自体のバリア機能が低下しているため冬の弱い紫外線のダメージも受けやすくなります。また気温が低いため代謝が悪くなり肌のターンオーバーも乱れます。そらによって角質層が厚くなりやすく、せっかく良い化粧水や美白クリームなども使っていても浸透しにくくなるのです。冬でも日焼け止めを塗るのはとても良いことですし、冬でも塗らなければいけません!

しかし、夏と同じ日焼け止めを使っていませんか?夏場は紫外線が強いため日焼け止めも強いものを使ってる方がおおいですよね?でも冬の紫外線は夏ほど強くはありません。紫外線をブロックする力が強ければ強いほど肌への負担も大きくなります。

冬場は肌に優しい弱めな日焼け止めにしましょう。蒸しタオルなどで顔を温めるのも効果的です。先に説明した通り肌のターンオーバーが乱れがちな冬場は手足を温めるのと同じように顔も温めてあげましょう。

特に顔は防寒ができない部分になります。タオルを水で濡らし、電子レンジで温めれば簡単に蒸しタオルがつくれます。蒸しタオル後に化粧水などのスキンケアをすると血行が良くなっているのと、肌全体が柔らかくなっているため、浸透しやすくなっています。なのでより効果的に成分を中に浸透させることができます。外的ケアの他に内側からのケアも大切です。

油ものばかりやコンビニのご飯など偏った食生活をしていると糖化がおこります。糖化は体内のタンパク質と摂取した糖が結合することです。この糖化が起こると肌が黄色くくすみ、ハリや弾力が失われます。いくらスキンケアを頑張っても日頃の食事が偏ったものだとキレイな肌は手に入りません。効果の出やすい冬からスキンケア、インナーケアを心がけ、美白、美肌を手に入れましょう。