更け顔に見えてしまう原因のひとつとなるほうれい線。ほうれい線は一度できるとなかなか消えてくれない美肌の敵です。

ほうれい線はどうしてできるのでしょうか?
ほうれい線のできる原因と対処方法について紹介していきたいと思います。
ほうれい線とは、口の横にできる、笑いジワと呼ばれることもあるシワです。

年を重ねるにつれ、肌のハリが失われ、たるみ始めると、頬の肉が垂れてシワになります。
これがほうれい線です。肌のハリは、水分不足や筋肉の衰えによって失われます。

ほうれい線を予防するには、肌の保湿と、顔の筋肉を鍛えることがポイントとなります。

肌の乾燥は、紫外線や空気の乾燥など、外から乾燥する場合と、コラーゲン不足など皮膚の内側の水分不足による乾燥があります。
外側からの乾燥は、日焼け止めや帽子などで紫外線をカットし、洗顔後にはしっかり保湿して潤いを保つことで防ぐことができます。

内側から潤いを保つためには、コラーゲンの多い豚肉や手羽先、うなぎなどを食べるようにしましょう。なかなか食事だけでは摂取できないという場合は、サプリやドリンクで補うことができます。

こうして、肌の乾燥を防ぎ、ハリを保つことでほうれい線の防止につながります。
顔の筋肉を鍛えるトレーニングを取り入れましょう。

口まわりの筋肉を鍛えるには、舌を口の中からほうれい線をのばすように動かすことで鍛えられます。ほうれい線のできる肌も伸ばされ、口まわりの筋肉もきたえられるので、ほうれい線予防に最適です。

それから、「ポリバケツ」と口を大きくあけながらゆっくりと言うと口まわりや頬の筋肉が鍛えられます。ポリバケツでなくても、母音全て入っている単語ならなんでも効果がありますので、ぜひ、他の単語も探してみて下さい。

肌の潤いを保ち、筋肉を鍛えれば、ほうれい線のない若々しい顔を保てるはずです。ぜひ試してみて下さい。